結婚アラカルトQ&A

結婚までの準備、わからないこと・知っておきたいことなど26の質問と答え
Q1:結納ってどういう意味?
婚姻関係となる両家のけじめの儀式で、いわば婚約式。地域により風習が異なるので、両家による話し合いが重要です。
Q2:結納ってどんなことをするの?
仲人が両家の使者となって両家の家を往復するスタイル(伝統式結納)や購入した結納品を前に会食をするスタイル(略式結納)、結納品は用意せず、レストランや料亭で会食をするスタイル(顔合わせ食事会)など、最近では本格結納からお食事会まで多様化してきています。
Q3:「顔合わせ食事会」とは?
最近増えてきているスタイルです。両家の家族がレストランなどで一堂に会し、婚約記念品の交換をするいわば結納の略式ともいえます。
Q4:結納品ってどういうもの?
「寿留女」「友白髪」「子生婦」など、5品から13品がワンセットになっています。さらに、婚約記念品や家族書&親族書の準備を。結納のスタイルや予算に合わせて選びます。
Q5:結納返しはしなくてはいけない?
正式な結納返しは、結納をすませた1〜2ヵ月後に女性側が男性宅へ出向き、結納品の色替(赤色→青色)をして納めます。最近では結納式の祭に同時交換方式や「記念品」と「袴料」(結納金の一割程度)だけをお返しする形式もあります。

Q1:日柄にこだわったほうがいい?
大安、友引は結婚式に縁起がいいと好まれています。しかし、最近は気にしない人も増えてきており、会場によっては仏滅がお得になっているプランもあります。
Q2:どのような挙式スタイルがありますか?
神前式、教会式、人前式、海外挙式などがあります。
Q3:では、披露宴会場はどんなところを?
ホテル、結婚式会場、レストラン、公共施設、会館、リゾート地、テーマパークなど。披露宴はバンケット(宴会場)をはじめ、開放的な屋外の空間を使ったガーデン、一軒の家をまるごと披露宴会場にするハウススタイルがあります。
Q4:ブライダルフェアに出席したいけど、どこをチェックすればいい?
模擬挙式・披露宴、実際に衣装を試着してみるのもいいですね。その他、試食会、引出物、印刷物などの展示物も見ておきましょう。
Q5:海外挙式をしたいのですが?
場所を決め、予算を立てたら海外ウエディングのプロデュース会社に相談しましょう。あまり多くの人を招待できないので、帰国後披露宴を行うケースが多くなっています。

Q1:ブーケの種類が多くて困っています。
ブーケはラウンド・キャスケード・リース・オーバル・ボールなどの種類がありますが、ドレスのデザインや会場の大きさ、花嫁の体型によってブーケの型や大きさも変わります。会場装花とコーディネイトするのもオシャレですよ。
Q2:ブーケのオーダーはいつ頃すればいい?
2ヶ月前にドレスや会場、披露宴のテーマに合わせたブーケのイメージを固め、デザインや花材などの打ち合わせをします。
Q3:せっかくのブーケ、長く保存しておきたいのですが。
花材に特殊な加工をしたプリザーブドのブーケなら、長期間色合いを保てます。バラの花が主になりますが、カラーバリエーションは豊富
Q1:結婚するまでに必要となる費用項目は?
結納、挙式・披露宴、新婚旅行、新生活準備金などが必要項目です。
Q2:挙式・披露宴の費用はどのくらい?
会場や形式によって違いはありますが、挙式と披露宴にかかった費用の総額は250万円〜300万円です。
Q3:ご祝儀ってどのくらいもらえる?
友人2〜3万円、上司・恩師3〜4万円、親族6〜7万円が平均額。夫婦で出席する親族は二人でひとつの祝儀になります。だから、一人当たり約3万円と考えておくと良いでしょう。
Q4:お心付けって誰にどのくらい払えばいいの?
A お心付けとは、こころよく仕事をしてもらえるようにというもの。介添人、美容師、カメラマン、司会者などにひとり3千円〜1万円くらい渡します。
Q5:披露宴に招待してない人からいただいたお祝いのお返しは?
いただいた金額の半分くらいを目安に「内祝」としてお返しします。

Q1:レストランで和装の結婚式を挙げたいのですが?
和装・洋装の決まりは特にありませんが、会場よりどんな衣装が着たいのか、自分のイメージをまず固めることです。但し、着たい衣装と似合う衣装は違うことも頭に入れておきましょう。(スタッフの意見も参考に)
Q2:衣装はレンタル?それともセル?
衣装の入手方法として、レンタル、セル、オーダーの3パターンがあります。それぞれにメリット、デメリットががあるのでよーく考えて決めましょう。
Q3:衣装の種類が多すぎてなかなか決まらなくて…
とにかくブライダルフェアやショップに出かけて、衣装の試着をしてみましょう。その際に次のポイントをチェック!
☆自分の着たい衣装・デザインは?  ☆衣装の着心地は?
☆会場とのバランスは?☆彼とのバランスは?
Q4:お色直しの平均回数は?
2.5回がお色直しの平均回数。一般にお色直しのフルコースは、白無垢・色内掛・ウエディングドレス・カクテルドレスです。人気の衣装は早めに行動しましょう。
Q5:衣装の小物とはどんなもの?
ウエディングドレスには、ベールやヘッドドレス・手袋、白無垢には懐剣・はこせこなど。
※かいけん(懐剣)昔、多く女性が懐に入れていた護身用の短剣
※はこせこ(筥迫)和装の女性が懐中に挟んで持つ箱形の布製の紙入れ

Q1:肌や髪のお手入れは、いつから始めるの?
6ヵ月前から髪を伸ばし始めたり、お肌の手入れやダイエットを開始します。3ヶ月前にブライダルエステに通い始め、一週間前には眉毛を整え、むだ毛の処理を。美容に関しては規則正しい生活が大事です。
Q2:ブライダルエステは効果的?
結婚式の当日をベストな状態にするために、花嫁専用のエステはオススメです。フェイシャルだけでなく、肩や背中などのケアもしてもらえるのでドレスを着たときにも安心。
Q3:プレケアって何?
花嫁が結婚式にむけて行うケアのこと。部位はフェイシャル、ボディ、ネイル、シェービング、ヘアメイクのリハーサルなど。これだけ準備しておけば当日はきれいな花嫁間違いなし。
【出典:MYU 9月号】
Since : 2002.3.1 Copyright 2000-2003 地域ホームページ製作実行委員会 All Rights Reserved.