我が家から火事を出さない
『油断しない、無意識、無頓着にならない』
火災は、ちょっとした不注意から発生しているものがほとんどです。一人一人が日頃から、火の取り扱いに注意して火災を起こさないようにしましょう
たばこの火
・吸いさしを灰皿のふちや、その辺のちょっとしたところに置かない。
・寝たばこはしない、させない。
放火防止
・燃えやすい物を家のまわりに放置しない。
・空き家、留守宅は近所で注意する。
・防犯灯を設置して明るくする。
・家を留守にするときは近所に声をかける。
炊事の火
・油鍋のときは火から離れない。
・離れるときは火を消す。
・来客、電話の応対は火を消してから。
・ガス台の近くに油類を置かない。
・ガス台の上方に棚を作らない。
・コンロは壁から20センチ以上離して置く。
ストーブの火
・火をつけたまま給油しない。
・給油後、栓はキチンと閉める。
・カーテンや障子などからは離して置く。
・洗濯物を上方に干したり、直接かけたりして乾燥させない。
・火をつけたまま移動させない。
ふろの火
・空だきをしない注意を!、点火の前に水の有無と栓がキチンと閉まっ
 ているかを確認する。
・内がまの風呂は、煙突の排気の働きをときどき点検する。
火遊び
・子供には、火の恐ろしさを教え、火遊びはしない注意をする。
・マッチやライターなどは、子供の手の届かないところに保管する。
・アイロンやドライヤーなどは、子供が親まねをして遊ばないように保管
 する。
・花火は、親が付き添う。
Since : 2001.12.26 Copyright 2000-2001 地域ホームページ製作実行委員会 All Rights Reserved.