おばあちゃんの知恵袋
「もったいない」が口癖のおばあちゃんの暮らしには、人にも地球にもやさしい知恵がたくさん詰まっています。
それは私たち現代人が忘れかけている大切なものを思い出させてくれます。
便利な小道具

1枚で数役こなす魔法の布

風呂敷は万能バッグ
室町時代から日本に愛用されてきた風呂敷は、外国人もその機能性に驚いた万能バックです。
正方形の1枚の布は四角い菓子折りはもとより、
丸い果物でも、デコボコした玩具でもワインや日本酒でもきれいに包むことができます。
持ち運び方も様々で、手に提げても、肩に背負っても、腰に巻きつけても大丈夫。使わない時には小さく折りたたんでバッグに・・・
ホコリよけや目隠しに物の上から掛けておく役立て方も。
丸いフルーツ
の包み方
→1.風呂敷の中央に置く。
→2.両方の端をしっかりと結ぶ。
→3.片方の結び目をくぐらせる。
→4.そのまま上に引いて持ち手を作る
ワインの包み方 →1.ビン底を中央に向け、少し間をあけて並べる。
→2.風呂敷を半分に折る。
→3.クルクル巻いて、包んで行く。
→4.中央で折り、端を結んで持ち手にする。
ふきんで節約生活
水切りから蒸し物まで何度でも使えるキッチンツール!
洗った食器を拭くのに使われるふきん。薄いさらし木綿製ならシューマイなどの蒸し物の下敷きや豆腐の水切り、野菜の水気取り、だしを漉すとき。昨今はキッチンペーパーやクッキングシートなどで代用されますがふきんなら洗って何度でも使用できるので、地球の資源を無駄にする事がない。
リサイクル術

捨てるものなどありません

おばあちゃんはどんな物でも使いまわす(リサイクルする)。限られた地球資源を大切にする。

包み紙でポチ袋を手作り
ポチ袋とは、お年玉やお小遣い、車代、お月謝、ちょっとした心づけなどを入れる小さな熨斗袋のこと。
ポチは「これっぽっち」という謙遜の意味に由来し、大げさでなく渡したい時に使われます。
贈答品の包装紙は美しい紙が多いため、特にポチ袋に向いています。
古新聞で網戸掃除
汚れがこびり付いた網戸は掃除がしにくい。古新聞を使えば、網戸を取り外さすに上手にキレイにできます。
@網戸の片面に新聞紙をテープで貼り、新聞紙を貼っていない側から網戸に洗剤スプレーをする。
Aしばらくすると網戸に汚れが浮いてくるので、柔らかいブラシでこする。汚れが新聞紙に吸い付き、きれいになる
米のとぎ汁は大活躍!
栄養たっぷりのヌカ成分で肥料から洗剤まで代用
@植木や観葉植物の水やり・・・水分補給だけでなく、ヌカ成分が肥料代わりに。
A
大根や竹の子を茹でる・・・あく抜き効果と、食材を白く柔らかくする作用があります。
B
洗剤替りに・・・ヌカ成分には軽い油分を落とす効果があるため、食器洗いに便利
C
タッパーなどの消臭・・・匂いが移ってしまった容器は,とぎ汁につけておく
D
フローリングのツヤ出し・・・とぎ汁でフローリングを拭き、後から乾拭きをすればピカピカに。
お茶がらを消臭剤に
緑茶の抗菌・消臭パワーを活用
@生ごみに入れて消臭剤替わりに!
A
和室や玄関の掃除に・・・軽く絞ったお茶がらをまくとほこりや髪の毛がつくので、それをほうきでで掃くだけで掃除完了。
※この他、
シンク磨きや、やかんの水アカ落しに使えるほか、よく乾燥させれば、お部屋や冷蔵庫、車の消臭剤替わり、靴の臭い取りなどにも利用できます。
紅茶でシンク掃除
ティーバックを使って水回りをきれいに!
紅茶にも緑茶同様に抗菌作用があるため、菌が繁殖しやすいシンク洗いにお勧め。“紅茶を飲んだらひと拭き”を習慣にすればシンクはいつも清潔です。
礼儀作法

人として大切なことです

履物をそろえる
習慣にしたい日本の礼節の基本
訪問先では靴を脱ぐ時には前向きのまま真っ直ぐに脱いで玄関に上がります。その後訪問相手にお尻を向けないように注意しながら、靴のかかとを揃えて逆向きに並べ直します。腰を下ろして膝をつき斜め後ろ向きですると良い。ブーツは訪問向きの履物とはいえませんがやむ終えない場合は玄関の隅で脱いで揃えましょう
トイレにも花を一輪
もう一つの家の顔にも優しい気配りを
お客様を迎えるときには、玄関や床の間だけでなく、もう一つの家の顔といわれるトイレにも花を飾りたい。
和のしつらい
すっきり清潔で季節感があふれる!
昔ながらの和の住まいには心和ませるものがある
@すっきりしている。
A清潔である。
B季節感がある・・・夏にはすだれやのれん。冬には雪見障子など部屋の演出を!床の間には季節の掛け軸や花を生けます。
Since : 2002.3.1 Copyright 2000-2003 地域ホームページ製作実行委員会 All Rights Reserved.