近隣地域庁舎リンク集

皆さんのホームページをリンクしませんか。無料ですのでどしどしご応募下さい。

明治5年、22年、30年の合併により、坂祝村、太田町、古井村、山之上村、蜂屋村、加茂野村、伊深村、三和村、下米田村、和知村が誕生。
昭和29年4月1日、太田町、古井町、山之上村、蜂屋村、加茂野村、伊深村、三和村の大字廿屋・川浦、下米田村、和知村の大字牧野が合併して現在の美濃加茂市が誕生した。
明治30年4月1日、酒倉・大針・黒岩・深萱・勝山・取組・深田の7ヶ村が合併し坂祝村とした。
なお、深田地区は昭和25年、加茂郡太田町(現:美濃加茂市)い編入された。
さらに昭和43年10月1日、町制施行により、坂祝村から坂祝町となり、県下で51番目の町として誕生した。
明治30年に滝田村。羽生村、高畑村、夕田村、大山村の5ヶ村が合併し富田村となった。
昭和24年には富岡村の一部、大平賀が分離し富田村に編入。
そして昭和29年に富田村と加治田村が合併して富加村となり、昭和49年7月1日、合併20周年と同時に富加町として発足し、現在に至っている。
明治22年の合併により「川辺村」と「上米田村」が誕生。同30年に「川辺村」は、上川辺村を加えて「川辺町」となった。
昭和29年になると鹿塩を編入合併、翌30年には上米田村と対等合併し、町名を「川辺町」とした。
そして、昭和31年に下麻生町大字下麻生地区を編入合併し、同年9月30日をもって現在の川辺町が生まれた。
昭和28年5月、久田見村川並を上麻生村に編入。
昭和30年2月、神渕村と上麻生村が合併し、七宗村が誕生。
昭和31年9月、下麻生町中麻生を七宗村に編入。
昭和46年4月、七宗町が誕生した。
昭和30年1月「町村合併促進法」の施行を機に、和知村を八百津町に編入、翌2月に錦津村と合併、次いで昭和31年9月潮南・久田見・福地村の全域を編入合併して現在の八百津町となった。
東白川村は、明治22年7月、神土村、越原村、五加村の三ヶ村が合併して東白川村が誕生した。以来、市町村の統合、分割をせず、先人の礎の上に114年の時を刻もうとしている。
白川町は昭和28年当時の西白川村が町制施行により白川町となり、翌29年坂ノ東村と合併さらに昭和31年、蘇原村、黒川村、佐見村の4ヶ町村が合併し現在の白川町となった。
まちづくり情報誌 あったかふるさとネットより
Since : 2002.3.1 Copyright 2000-2002 地域ホームページ製作実行委員会 All Rights Reserved.