安全運転の自己診断


〜あなたの運転はどのタイプ?〜
 ◎日頃、あなたが運転している様子について、ありのままを答えてください。この機会に自分の運転をふり返ってみるのもいいことです。
 ◎これはテストではありません。自己診断です。自分を飾って答えても正しい診断結果がでません。ありのままを答えてください。
 ◎下記にいろいろな質問が書いてあります。それぞれの質問で、自分のいつもの運転の仕方について はい ・ いいえ のいずれかに○(マル)
   をつけてください。
 1.操作が下手な人がいても、がまんして待ってあげられる。 はい いいえ
 2.よく追い越しや車線変更をするほうだ。 はい いいえ
 3.つい気軽に車線を変えてしまう。 はい いいえ
 4.乗り降りで手間取っている車にはイライラする。 はい いいえ
 5.後ろからクラクションを鳴らされると腹が立つ。 はい いいえ
 6.自分のペースを乱されるととても嫌な気分になる。 はい いいえ
 7.どちらかといえば運転に自信がないほうだ。 はい いいえ
 8.バックでの駐車はあまり得意ではない。 はい いいえ
 9.なんとなく、ぎこちない運転をしてしまう。 はい いいえ
 10.自分の運転は優柔不断で間の取り方がまずいと思う。 はい いいえ
 11.低速ならばチャイルドシートを使わなくてもよいと思う。 はい いいえ
 12.いつでも早く行きたいという気持ちが強い。 はい いいえ
 13.人から運転が強引だと言われたことがある。 はい いいえ
 14.歩行者が道路をゆっくり横断しているとイライラする。 はい いいえ
 15.渋滞している時に横から割り込まれると損した気分になる。 はい いいえ
 16.運転が下手な人は遠慮して走るべきだ。 はい いいえ
 17.少し運転しただけでもとても疲れることがある。 はい いいえ
 18.判断に迷って、どう動けばよいかわからないことがある。 はい いいえ
 19.道路をゆずってもらうと、あわててしまう。 はい いいえ
 20.同乗者がいると、気になって思うように走れないことがよくある。 はい いいえ
 21.ハンドルを切ってから、まわりの車に気付くことがある。 はい いいえ
 22.車線変更のタイミングがなかなか合わないことがある。 はい いいえ
 23.右折待ちのとき、タイミングをうまくとれないことがある。 はい いいえ
 24.合流の時、進もうか止まろうか迷うことが多い。 はい いいえ
 25.他の人の運転に腹を立てることが多い。 はい いいえ
 26.何度も信号で止められると、とてもいやな感じがする。 はい いいえ
 27.多少の速度オーバーは仕方ないことだ。 はい いいえ
 28.前方があいていると、ついスピードが出てしまう。 はい いいえ
 29.渋滞にぶつかると抜け道に入ることが多い。 はい いいえ
 30.交差点で長く待たなくてすむよう、いつもすばやく右折できる。 はい いいえ

自己判断の仕方
はい
の個数
3個以上のとき 解説は@
はい
の個数
6個以上のとき 解説はA
はい
の個数
4個以上のとき 解説はB
0個のとき 解説はC
上のどのタイプにも当てはまらないとき 解説はD
@はい ・ いいえの記入枠の色の区分ごとにはいの○の個数を数え個数記入枠
  の中に書いてください。
A○の個数を記入したら該当する項目を見てください。
B2つ以上のタイプに当てはまるときがあります。
C当てはまるタイプの解説を読んで、今後の運転に役立ててください。

01
@あらっぽい運転をしていませんか?
 ◇不必要に、車線変更や追越などを繰り返す傾向がうかがえます。
 ◎他の人からは、強引な運転をすると思われているかもしれません。
 ◎何度も車線や進路を変える人、スピードを出す人は、交通事故を起こす危険性が高いことが分かっています。
<あなたに心がけていただきたい安全運転は…>
 ◎何度も車線変更や追越をしても、それほど早く目的地に着くわけではありません。危険をおかしても大して得になりませんから、着実な運転を心が
   けましょう。
02
Aイライラ運転をしていませんか?
 ◇他の運転者や歩行者などに対してイライラしやすく、ストレスの高い状態で運転をする傾向がうかがえます。
 ◎歩行者や自転車を邪魔に感じることが多い人は、特に要注意です。
 ◎イライラした状態が続くと、他のドライバーや歩行者に対して攻撃的になりやすくなります。
<あなたに心がけていただきたい安全運転は…>
 ◎最初から進路をゆずる気持ちでいるとイライラしません。また、横断しようとする歩行者がいるときは、安心して道路を渡れるように待ってあげま
   しょう。渋滞する場所や時間帯を避ける工夫をし、気分転換やリラックスした運転をしましょう。
03
B判断に迷ったままの運転をしていませんか?
 ◇バックで駐車したり、右折や合流時のタイミングを判断するときに、自信がもてないままの運転をする傾向がうかがえます。
 ◎運転に慣れてない人は、運転中に判断ミスや迷いが多くなりがちです。
 ◎年齢が高くなると、判断が遅れたり、疲れて集中力がとぎれやすくなります。
<あなたに心がけていただきたい安全運転は…>
 ◎運転操作に自信がない人は、速度を控えめにした慎重な運転が必要です。判断に迷ったり状況把握が遅れがちな人は、まず相手に進路をゆずる
   こと、そしてそれを相手にはっきり示すようにしましょう。
04
C自信過剰運転をしていませんか?
 ◇運転技術にかなり自信をもっている傾向がうかがえます。
 ◎ふとした気のゆるみから安全確認を怠ったり、減速しないままカーブを曲がることがありませんか?
 ◎自信過剰は自己中心的な運転になり、他のドライバーや歩行者に迷惑をかけているかもしれません。
<あなたに心がけていただきたい安全運転は…>
 ◎他の交通参加者の気持ちを考えた運転をしましょう。とくに、あらっぽい運転タイプやイライラ運転タイプにも当てはまった人は先を急がず、ゆずり
   合いの気持ちで運転しましょう。
05
Dバランスのとれた運転ができるタイプです
 ◇落ち着いた良い運転をしていることがうかがえます。交通ルールを守るのはもちろん、マナーのよい運転を続けてください。
 ◎交通ルールは、頻繁に改正されています。また、自動車の性能や安全装備も進歩しています。こういった点にも注意をはらってください。
 ◎心身ともに健康な状態を保つことも、ドライバーの責任です。
<あなたはよい運転傾向が見られますが、安心する前にもう一度確認を>
 ◎すべての質問に対して正直に答えたでしょうか?思い当たる人は、もう一度やり直してみましょう。
【出典:全日本交通安全協会発行 安全運転自己診断より】
Since : 2002.3.1 Copyright 2000-2001 地域ホームページ製作実行委員会 All Rights Reserved.