献血のすすめ


健康な血液が支える貴い生命…あなたの献血が、患者さんの生命を守ります。

血液のゆくえ
血液は栄養や酸素の運搬、免疫など人間の生命を維持するために欠くことのできない機能を多く含んでいます。現在、血液の機能を完全に代替できる手段は存在しないため、医療において輸血は欠かすことのできない治療法となっています。みなさまの献血(400ml・200ml・成分)によって必要な血液を確保し続けなければ、現代医療は成り立たないのです。献血された血液は、赤血球、血小板、血漿(けっしょう)などの輸血用血液として使われるほか、血漿中の特定のたんぱく質を抽出・精製した血漿分画製剤の原料として使用されます。
献血について
◎献血の種類
献血には、成分献血、400ml献血、200ml献血があります。400ml献血と200ml献血は血液中の全ての成分を献血していただく方法です。一方、成分献血は、成分採血装置を使用して血漿や血小板といった特定の成分だけを採取し、体内で回復に時間のかかる赤血球は再び体内に戻す方法です。成分献血、400ml献血は200ml献血に比べて献血量が多いことから、少ない献血者からの輸血を可能にし、安全性を向上させる献血方法と言えます。
◎献血の場所
献血は、主に献血ルーム、献血バス、血液センターで受け付けています。
献血ルームは、主に都市部を中心に交通の便がよい場所にあり、献血中にテレビやビデオの視聴ができるなど献血をされる方がリラックスし、楽しめる設備を整えています。献血バスのスケジュールについては血液センターにおたずねください。
献血をする前に…
献血をされる方の健康を守るために、そして血液を必要としている患者さんをウイルスなどの感染から守るために問診を実施しています。問診票に記入していただいた内容と血圧、血液比重の結果に基づいて、体調のすぐれない方などは、献血をご遠慮いただく場合があります。プライバシーは厳守されますので、ご自身のために、患者さんのために問診への正しい申告をお願いします。
献血ルーム
名称 所在地 問い合わせ先 休業日
岐阜県赤十字血液センター 岐阜市茜部中島2−10 058-272-6911 日曜日・祝日・年末年始
新岐阜血ルーム 岐阜市長住町2-3 岐阜ビルディング5階 058-264-2122 年末年始
多治見献血ルーム 多治見市本町1-2 駅前プラザ・テラ4階 0572-23-0227 木曜日・年末年始
■情報提供
愛知県 健康福祉部 医薬安全課  пi052)961-2111(代表)
■もっと詳しくお知りになりたい方は
岐阜県赤十字血液センターまで  058-272-6911
Since : 2001.3.1 Copyright 2000-2001 地域ホームページ製作実行委員会 All Rights Reserved.