白川町保健福祉制度
白川町版 痴呆対策はこちらから
 1)介護保険の制度と利用できるサービスについて
 ●介護保険の対象となる人は…
   ・65歳以上で、寝たきりや痴呆などで介護や支援が必要な方
   ・40歳以上65歳未満で、老化が原因とされる病気により、介護や支援が必要な方

 ●手順は…
@申請
保健福祉課の窓口で、要介護認定の申請をします。(本人または、家族や代理の人)
A審査
保健福祉課職員、またはケアマネージャー(介護支援専門員)が訪問調査します。医師の意見書などもふまえ、介護認定審査会が要介護度を審査判定します。
B認定通知
状態により、要支援・要介護1・要介護2・要介護3・要介護4・要介護5のいずれかに認定されます。
(状態によっては、非該当になることがあります)
Cケアプランの作成
本人や家族で相談し、ケアプラン作成事業者を選びます。自立した生活のために必要なサービスプラン(介護サービス計画)を、ケアマネージャーと相談しながら作成します。
Dサービス利用
必要に応じてさまざまな在宅サービスや施設サービスが受けられます。利用される方はサービス費用の1割の負担が必要です。

 ●介護保険制度で利用できるサービス
   ・介護度によって、デイサービス(通所介護)、デイケア(通所リハビリ)、ショートステイ(短期入所)、ホームヘルパー(訪問介護)、施設入所など
    の利用回数等をケアマネージャーが利用される方の相談に応じ、調整します。
 【居宅サービス】※利用料や申請等の詳細については、各実施施設にお問合せください。
サービス名 内容 実施施設・問い合せ先
訪問介護 ホームヘルパーが家庭を訪問し、家事や介護(調理・洗濯・掃除・買い物・食事・入浴・清拭等)のお手伝いをします ・社会福祉協議会(さわやか白楽園)
・白川在宅総合ケアセンター(白川病院内)
訪問看護 看護師が家庭を訪問し、看護をします ・白川在宅総合ケアセンター(白川病院内)
訪問リハビリテーション 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が家庭を訪問し、リハビリをします ・白川在宅総合ケアセンター(白川病院内)
訪問入浴介護 入浴車で家庭を訪問し、入浴のお手伝いをします ・社会福祉協議会(さわやか白楽園)
通所リハビリテーション
(デイケア)
施設へ通所して、医師の指示のもと食事や入浴、手芸やレクリエーション、リハビリなどが受けられます(送迎有り) ・白川在宅総合ケアセンター(白川病院内)
短期入所生活介護
(ショートステイ)
施設に短期入所することができます。 ・特別養護老人ホーム サンシャイン美濃白川
福祉用具の貸与 車椅子やベッド、床ずれ防止用エアーマット、吸引器などの福祉用具を貸し出します ・社会福祉協議会(さわやか白楽園)

 【その他のサービス】※利用料や申請等の詳細については、各実施施設にお問合せください。
サービス名 内容 実施施設・問い合せ先
居宅療養管理指導 医師や歯科医師、薬剤師などによる指導や助言が受けられます ・大賀医院  ・安江医院
・白川在宅総合ケアセンター(白川病院内)
福祉用具購入費の支給 排泄や入浴に使われる用具の購入費の一部を支給します ・白川町役場保健福祉課
寝たきり老人等居宅介護サービス費助成事業 介護保険制度サービス利用費のうち、月額上限8,000円の助成をします ・白川町役場保健福祉課
住宅改修費の支給 家庭での手すりの取り付けや段差の解消等の改修費用を支給します ・白川町役場保健福祉課
オムツ購入費の助成 家庭で購入したオムツにかかる費用の一部を助成します ・白川町役場保健福祉課

 【施設でのサービス】※要支援と認定された方はご利用できません。
サービス名 内容 実施施設・問い合せ先
介護老人福祉施設
(特別養護老人ホーム)
常に介護が必要で在宅生活が困難な場合に入所することができます ・特別養護老人ホーム サンシャイン美濃白川

 【在宅介護支援センター】
 ・介護の知識を幅広くもった相談員が、在宅介護に関する総合的な相談に応じ、各種の保健・福祉サービスが総合的に受けられるように連絡調整を
  行います(24時間対応)

 2)介護保険に該当しない場合(非該当)
 ●介護保険認定審査の結果で非該当となった場合にサービスは利用できる?
   ・相談に応じて、デイサービス(通所介護)やホームヘルパー(訪問介護)を利用することができます。白川町役場保健福祉課へご相談ください。

 3)その他利用できるもの
サービス名 内容 実施施設・問い合せ先
ふれあいいきいきサロン 自治会単位で行う、仲間作りや交流の場です。集まってお茶を飲んで話したり、体操やスポーツ、レクリエーション等を行っています。 ・社会福祉協議会
まめな会 おおむね65歳以上で元気老人の集い(老人クラブ・ゲートボール等)には、出られなくなった方で、介護保険サービスを利用されていない方の閉じこもり予防・痴呆予防・寝たきり予防を目的とするものです。6地区で約月に1回開催しています。 ・社会福祉協議会
・在宅介護支援センター
・白川町役場保健福祉課
ふれあい型食事サービス 各地区(白川・白川北・蘇原・黒川・佐見)で月1〜2回利用できます。(ボランティアによる食事サービス) ・社会福祉協議会
・各地区福祉会
あんしん電話 独居老人や高齢者世帯、中間独居の方に貸し出ししています。 ・社会福祉協議会
介護者リフレッシュ事業 介護をしている家族を対象に年2回、リフレッシュしてもらえるよう会食や施設視察等、日帰り旅行を実施しています。 ・社会福祉協議会
教室の開催 店頭予防教室や介護予防教室を開催しています。 ・社会福祉協議会
・在宅介護支援センター
・白川町役場保健福祉課
痴呆を共に考えるつどい 介護をしている家族の交流と学習の場として、年1回集まりを開催しています。 ・白川町役場保健福祉課
ファミリーサポート 希望される高齢者に対し、食事や買い物、掃除等のお手伝いをします。 ・社会福祉協議会
見守りネット 民生委員を中心に、独居の方や高齢者世帯に声かけ等することで、安否確認等を行います。 ・社会福祉協議会
訪問指導 保健師・栄養士が家庭を訪問し、生活全般や介護の方法、健康管理等について指導・助言します。 ・白川町役場保健福祉課
健康何でも相談 保健師・栄養士が健康全般について相談に応じます。保健センターで年10回、各地区ふれあいセンターで年6回開催しています。 ・白川町役場保健福祉課
心の健康相談 保健センター他で年10回、精神科医師・精神保健福祉士・保健師が相談に応じます。 ・白川町役場保健福祉課
【出典:白川町版 痴呆対策より】

Since : 2002.3.1 Copyright 2000-2001 地域ホームページ製作実行委員会 All Rights Reserved.