Vol.55
2005年5月1日号

白川OA

白川OAではインターネット接続のお手伝いをしています。インターネットが使えるように設定したい、メールの使い方が知りたい等のご要望を承ります。
 

ホームページを作りたい、ホームページはあるが、管理が面倒という方はご相談下さい。
 

レンタルサーバについての詳しい内容は下記のボタンから。
 

・パソコンを接続できない
・インターネットが繋がらない
・印刷ができなくなった
・知らないうちに動かなくなった
・ソフトのインストールが自信無い
・ソフトの使い方が分からない
 

Vol.55(←PDF版はこちらをクリック)

Windowsをクリーンアップ!

 使っていくウチ、どんどん遅く、不安定になっていくWindows.思い切って大掃除するとスッキリ!
■デスクトップを片付けろ!
 デスクトップ一面に広がるファイル、しばらく使っている人ほどそうなっている。デスクトップに大量のファイルを置くと、目的のファイルを探すのに時間がかかって作業効率が悪い上、アイコン表示の処理がかかるため、Windowsの動作自体も遅くなってしまいます。まずデスクトップにたまった大量のファイルを何とかしましょう。
■ファイルの種類で整理しよう!
 沢山のファイルがデスクトップにあるのは部屋の掃除と同じ。ファイルを種類ごとに分け、必要なのか、不要なのか分けましょう。ファイルの種類をわかりやすくするために、「拡張子」を表示します。スタートメニューからコントロールパネルを開き、ウインドウ左の[クラシック表示に切替える]をクリック。続いて「フォルダオプション」をダブルクリックして、[表示]タブをクリック。[詳細設定]の各項目の中で、次の設定を行ってください。すべてのファイルの拡張子が表示されます。
・ [すべてのファイルとフォルダを表示する]・・・チェックオン
・ [登録されているファイルの拡張子は表示しない]・・・チェックオフ
・ [保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推薦)]・・・チェックオフ
拡張子の設定が済んだら、種類ごとに分けます。デスクトップを右クリックして、[アイコンの整列]−[種類]を選びましょう。すると、種類ごとに並べ変えられます。
■デスクトップにあるファイルの種類
 デフォルトアイコン・・・マイドキュメント・マイコンピュータ・ごみ箱などのアイコン
削除はごみ箱に捨てるだけ、ごみ箱自体デフォルトアイコンですが、消さない方が良いでしょう。
■デフォルトアイコンを戻したい時の為の、復活させる方法
 コントロールパネルから[画面]を開きます。[デスクトップ]タブの下にある[デスクトップのカスタマイズ]をクリック。[デスクトップ項目]というダイアログが表示されます。このダイアログに「デスクトップアイコン」という項目があり、ここをチェックすれば復活することができます。
■どんどん削除
 次はショートカットです。左下に矢印マークがあるのがショートカットアイコンです。ショートカットアイコンには「ブロバイダ入会」等パソコンを買った時から元々あったもの、アプリケーションをインストールしたもの、自分で作ったものに分類できます。プロバイダ入会とアプリケーションに関しては全然使っていない、不要というならショートカットだけでなく、プログラムごと削除しましょう。コントロールパネルから[プログラムの追加と削除]を開き、目的の物を削除して下さい。残った中で不要なショートカットはごみ箱に捨てましょう。これで必要なショートカットアイコンのみになり、これらのショートカットはフォルダを作って入れます。
■残りのファイル
 残るはデータファイル、プログラムファイル、圧縮ファイルです。データファイルはマイドキュメントに、プログラムファイルは「ProgramFiles」フォルダに。圧縮ファイルはZIP形式やLZH形式が代表的です。ダウンロードやメールの添付ファイルなどを圧縮ファイルを「圧縮」などというフォルダを作ってその中に入れ、マイドキュメントに移動。残ったファイルは名前を付けてフォルダを作りマイドキュメントに移動。


《CD−Rは1回限りではない》

CDやDVDにデータを保存できる機能は、今や標準機能としてパソコンに付いています。日常CDやDVDにデータを保存することは行われているかも知れません。CD−RWやDVD±RWを使えば、CDやDVDに保存したデータを書き換えたりすることは簡単です。ただし書き換え可能なCDやDVDはCD−RやDVD−Rなど書き換えすることができないものよりも高価です。特にCD−Rの50枚パックは家電量販店でも2000円以下で売られているので1枚当たり40円程度と格安です。確かにCD−RやDVD−Rは一度保存したデータを書き換えることはできません。しかし追加で書き込みすることはできるのです。(音楽CDはできない)。この機能を「追記」と呼びます。追記を使えばデータのバックアップ作業などで1回ごとに新しいCD−Rを使う必要はありません。

Windows XPをお使いの方で何をバックアップすればよいのか分からない人に・・・
■マイコンピュータ→ローカルディスク(c:)→Documents and Settingsフォルダ
にある[ユーザー名フォルダです。これを丸ごとバックアップしておけば、パソコンがクラッシュしても安心です。お使いのコンピュータにRecord Now!というソフトがインストールされていれば、CDやDVDへのデータの追記ができます。