白川OA

白川OAではインターネット接続のお手伝いをしています。インターネットが使えるように設定したい、メールの使い方が知りたい等のご要望を承ります。
 

ホームページを作りたい、ホームページはあるが、管理が面倒という方はご相談下さい。
 

レンタルサーバについての詳しい内容は下記のボタンから。
 

・パソコンを接続できない
・インターネットが繋がらない
・印刷ができなくなった
・知らないうちに動かなくなった
・ソフトのインストールが自信無い
・ソフトの使い方が分からない
 


《ネットワークって何だろう?》

ネットワークって一体何でしょうか?辞書では、網状の組織。電話網、交通網、水道網などなどいろいろあります。ボランティア・ネットワーク、オンブズマン・ネットワークなど人と人をつなぐ組織的なものもあります。ネットワークはコンピュータに限った言葉ではないのです。
 コンピュータが2台、3台、4台と複数になってくると、お互いにつなげて活用することができます。一番単純なことはファイルのやりとりでしょうか。ごく狭い範囲で(例えば家庭内や、1つのビル内で)作られるネットワークをLANと言います。
また、会社のLAN同士をつないで、距離的に離れた広い地域でつないだネットワークをWANと言います。通信事業者の回線を利用して、ネットワークをつなぎます。
 皆さんが普段利用しているインターネットは?これもネットワークなのでしょうか?インターネットは世界中に広がるものです。日本にいながら外国のホームページを簡単に見ることができたり、外国に瞬時にメールを送ることができます。これは複数のネットワーク同士をさらにつなげていった結果、世界中のコンピュータとつながったのだと考えてよいです。普段私たちはインターネットにつなげたり、接続を切ったりして利用していますが、常時インターネットにつながっているコンピュータが世界中に存在するわけです。インターネットは、世界中で一番大きなネットワークと言っても間違いないでしょう。
 家庭内のLANなら、ひとつひとつのコンピュータがつながっていることを確認することができます。ところがインターネットでは世界中を回って確認することができないので、どんな仕組みになっているのか不思議に思われるかもしれません。そんな時、実際には、ひとつひとつのコンピュータがケーブルで結ばれているということを想像してみてください。それらのコンピュータとケーブルは、サッカーボールを入れるネットのように、私たちの地球をすっぽりと覆っているのでしょう。

出典:電脳通信

《インターネット時代のパソコン教育》

小中学校をはじめとする教育現場のIT化が推し進められています。学校の先生は、自分がパソコンの使い方を覚える必要があるだけでなく、授業でパソコンを効果的に利用する方法や、子どもにパソコンやインターネットの使い方を身に付けさせていく方法を考えなければなりません。
 ●子どもたちのパソコンやインターネットの使い方を教える 
 ●授業でパソコンを活用する

一見すると単純なことのようにも思えますが、これは実に難しいテーマです。

■普遍的なパソコンスキルの必要性
そもそも、パソコンの使い方とは何でしょう?ExcelやWord、などのアプリケーションの操作方法を覚えれば良いのでしょうか?
特定のアプリケーションの操作法を学ぶことは大切ですし、学んでいくうちに、パソコンを使うための一般的なスキルも自然と上達していくのは間違いありません。ですが、少ない時間の中で教えられる内容にも限りがあります。子どもたちに様々なアプリケーションに応用のきく普遍的なスキルを習得させるために、何をどのように教えるのか、目標や手段を明確にしたうえで計画的にパソコン授業を行っていく必要があります。

■授業を支援する道具としてのパソコン
教科の授業でパソコンを利用する際にも、ただパソコンを使えば良いというわけではありません。授業中のパソコンを使う利点は、視覚的な効果、インタラクティブ性、定型的な処理のサポート、情報の再利用などが挙げられます。また、調べ学習においては、インターネットは有用な手段のひとつです。ですが、「なぜ、この科目のこの単元でパソコンを使うのか」「なぜインターネットを利用するのか」を明確にしておかなければ、単にパソコンを使っただけの授業で終わってしまう可能性もあるのです。

■情報を選別し、活用する能力が問われる時代
パソコンやインターネットは、あくまで道具です。先生にとっても子どもにとっても同じことで、道具の使い方を正しく身に付けておく必要はありますが、その道具を活かすことができるかどうかは、また別の話です。例えば、インターネットで手に入れられる情報の中には、役立つものもあれば間違ったものもあります。役に立つどころか、子どもにとって有害な情報(ポルノ画像、薬物、犯罪行為など)もたくさん溢れているのが現状です。情報が氾濫する現代は、自分にとって必要な情報を選別し、正しく活用するための能力が問われる時代でもあります。子どもたちに「インターネットを使って何かを調べる」方法を教えることは簡単ですが、情報を取捨選択し、有益な情報を教えるにはどうしたら良いか考えてみたことはありますか?

■インターネット時代のコミュニケーションの難しさ
インターネットには様々なコミュニケーション手段があります。電子メールや掲示板をはじめ、最近ではblogやWikiといったツールも使われるようになってきました。今後は、インターネットを通じて情報交換をしたりコミュニティに参加する機会が増えてくるはずです。そのため、インターネットによるコミュニケーション手段を教える必要もあるでしょう。ただ、これらの手段の多くが、文字による情報だけを基にしたコミュニケーションであることに注意しなければなりません。例えば、相手がメールで何かお願いをして、「わかりました」というメールの返事が返ってきたとします。この文面から、相手が「快く」了解してくれたのか、「しぶしぶ」了解してくれたのかを判断することは難しいはずです。メールや掲示板を使えば実際に会わなくてもコミュニケーションが取れるように思えます(たしかにそれは大きな利点です)。ですが、実は伝える側も受け取る側も、実際に会っているとき以上に気をつかう必要があるのです。子どもにメールや掲示板の使い方を教えていく際には、文字だけのコミュニケーションの難しさを理解させ、どうすれば自分の使えたいことを正しく伝えられるか(相手の伝えたいことを正しく読み取るか)をきちんと身に付けさせる必要があります。

政府によるミレニアムプロジェクト「教育の情報化」により、ハード面での学校IT化は急速に進んでいます。その反面、ソフト面の整備はまだまだこれからといった感がありますし、ソフト面の整備を進めていく上では、何よりも現場の先生方の声が重要だと考えられます。情報化社会/インターネット時代を生きていく子どもに、何を伝え、どのように教えていくべきなのか、一度考えてみてはいかがでしょうか。

出典:電脳通信