白川OA

白川OAではインターネット接続のお手伝いをしています。インターネットが使えるように設定したい、メールの使い方が知りたい等のご要望を承ります。
 

ホームページを作りたい、ホームページはあるが、管理が面倒という方はご相談下さい。
 

レンタルサーバについての詳しい内容は下記のボタンから。
 

・パソコンを接続できない
・インターネットが繋がらない
・印刷ができなくなった
・知らないうちに動かなくなった
・ソフトのインストールが自信無い
・ソフトの使い方が分からない
 


《知らなきゃ損する常識A》

◎常に今日の日付を文書に表示
 「挿入」メニューから「日付と時刻」を選択。開いた画面で「自動的に更新する」にチェ
 ック。

◎「ページ番号」挿入
 何枚にも渡る文書にはページ番号を。「挿入」メニューから「ページ番号」を選択。
  番号の位置
をページ下の「右」「左」「中央」などから選ぶ。
◎簡単に描く正円・正四角形
 〔Shift〕を押しながら描画すれば自由な大きさで正円・正四角形が描ける。
◎ページに文書の行番号を表示
 「ファイル」メニューから「ページ設定」を選択。「その他」タブを開いて「行番号」ボタンを
 クリッ
ク。開いた画面で「行番号を追加する」にチェック。
◎複数箇所をカットしてまとめて貼り付け〈スパイク〉
 別々の場所にある文章を[Ctrl]+[F3]で複数切り取って、[Ctrl]+[Shift]+[F3]でまと
 めて貼り付けることができる。複数の文書を一時的に記憶する機能を「スパイク」とい
 う。

◎[Alt]を押しながら図を微妙に移動
 図の配置を微妙に調整したい場合は、[Alt]キーを押しながら図形をドラックする。
◎文字を簡単に移動させる方法
 移動させたい文字列を選択した後、目的の場所で[Ctrl]を押しながら右クリック。
◎ぐるっと一周ページ罫線
 「罫線」メニューから「線種とページ罫線と網掛けの設定」を選択。表示された画面で
 「ページ罫線」タブを開き、罫線の種類や「絵柄」を選ぶ。後は画面左側で「囲む」を選
 択し、「OK」をクリック。

◎使わなきゃ損、優れもの付属辞書
 officeに無料で付属する国語・英和・和英の統合辞書「Book shelf Basic」
 スタートメニューの「(すべての)プログラム」→「Microsoftリファレンス(Reference)」
 上記の項目がない場合は、パソコンに付属していたofficeのCDパックからインストー
 ル。

出典:日経パソコン

《ビジネス格言集》
●平均値に明日はない
売上高をはじめとする膨大なデータからトレンドを読みとるには、平均値を出すのが一般的。「半年前より平均来客数が一割減った」といった具合。それに対し、B.C.GのVPは「戦略立案などで行き詰まったら、あえて平均値を外れた事象を突き詰めると効果がある」と力説する。異常値にこそ、次の一手のヒントがある。
かつて、半導体メーカはある曜日の決まった時間だけ、製品の歩留り率が極端に落ちる現象に見舞われていた。原因を追及していくと、その時間に工場のそばを通過する列車の振動で、製造装置がおかしくなっていたことがわかった。平均値を漫然と眺めていては原因が分らなかった。またVPは「変わった消費者を見て、変わっていると思うだけで終わってはいけない」と言う。髪の毛をかたく固める男性用ハードムースが生まれたのも”変人”のおかげ。整髪剤の使用料が極端に多いユーザを調べたところ、スプレー臭が嫌いでムースを何度も付けたためとわかり、新製品が開発された。
出典:日経パソコン

《インターネットとセキュリティー》
インターネットは社会に便利さをもたらし、その代償としてセキュリティという新しい問題を社会に生み出した。ある企業で「部外者を入れないために、入り口に警備員を配置して社員証で身分チェックをする」ことを検討している。こうすれば「部外者が入ってくる」危険は避けられるが、社員にとっては社員証を見せる手間がかかり、また社員証を忘れると入れなくなり困る。つまり「不便」になる。一方、警備員がいないと誰でも自由に入れ、「便利」だがセキュリティは守れない。では、どちらがコストがかかるか。前者は警備員の人件費だけでなく、社員証の発行・更新、ルール徹底のためのマニュアル作りなど様々なコストがかかる。同様にネットワークも不便なほどコストがかかり、便利なほど安い。世界一便利なインターネットは、世界一安く、そしてセキュリティという大きな問題を抱えるネットワークである。だからといってインターネットのセキュリティを強化して「部外者立入禁止」にしていくと、閉鎖的となり「世界中が自由につながって、安い」という良さが消えてしまう。セキュリティのもう1つの問題は、万全なものはないということ。セキュリティのために金庫の鍵のようなものを作っても壊れた時のことを考えると合鍵が必要となり、それを使って開けられてしまうかもしれない。しかも、その鍵を作った人は開けることができる。インターネットで取引などをする時は「万全」を求めるのではなく、「常識的」なセキュリティとして、あとは保険などでカバーすることが基本となっている。

【出典:IT活用の実際】