白川OA

白川OAではインターネット接続のお手伝いをしています。インターネットが使えるように設定したい、メールの使い方が知りたい等のご要望を承ります。
 

ホームページを作りたい、ホームページはあるが、管理が面倒という方はご相談下さい。
 

レンタルサーバについての詳しい内容は下記のボタンから。
 

・パソコンを接続できない
・インターネットが繋がらない
・印刷ができなくなった
・知らないうちに動かなくなった
・ソフトのインストールが自信無い
・ソフトの使い方が分からない
 


《ドメイン名とは》
 首相官邸のホームページは「http://www.kantei.go.jp/」というURLです。
URLはWWWサーバーになっているコンピュータの名前と、情報が保存されているファイルの位置(フォルダ)、およびそのファイル名を組み合わせたものです。これらの内、コンピュータの中に「ドメイン名」が含まれています。首相官邸の場合、「kantei.go.jp」がドメイン名です。
ドメイン名はサイトを識別するための名称です。
インターネット上にはたくさんのサイトがあるので、それを認識するためのドメイン名の重複は許されません。重複を避けるために、ドメイン名は階層構造になっています。ドットを区切りとして、右端から左に向かって見ていくと大きな枠組みから小さな枠組みになっていることが分かります。
しかし、段階構造になっているだけでは、ドメイン名の重複を避けることはできません。
そこで、世界の各地域や国にドメイン名を管理する機関が存在するのです。ドメイン名の最後に「jp」と付く日本のドメイン名(「jpドメイン名」と呼ばれる)は、「社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター」「JPNIC」(ジェイ・ピー・ニック)という機関が管理しています。
中小企業のEC入門

《インターネットの必要性》
 インターネットを利用することで、売上や受注が急に増えると楽観する経営者はいない。
しかし、インターネットやHPが、今後ますます企業経営に対して重要なファクタとなり、高い必要性をもっているということは十分認識されている。
HPの開設による絶対的な競争優位は無いが、不利になることもない。HP上で自社を公開していることは、自分の会社に興味を持ってくれる相手に一種の安心感を与えると考える経営者も存在している。
いったん、インターネットや電子メールを使い始めた経営者の多くは、その必要性を認めている。しかし、HPを積極的に活用するためには、経営者や従業員が、ある程度インターネットに精通していなければならない。せっかくHPを立ち上げても、本業が忙しければ、HPの更新やメールへの対応もおろそかになりがち。また、HPへのアクセスには冷やかしも多い。したがって、さまざまな手間が掛かることを考えると、経営にインターネットを生かすといっても、経営者本人が精通してなければ、規模の小さな企業ほどマンパワーの問題から、ハードルは高いのが現状と思われる。小企業のインターネット利用は、今後も少しずつ進んでいくであろう。その一方で、積極的に利用を進めていくことができる企業と、利用したくてもできない企業との格差が、より拡大していく可能性もはらんでいる。
【出典:MonthlyREPORT

《用語解説:半導体》

条件によって電気を通したり、通さなかったりする性質を利用してつくられた部品。
コンピュタや家電製品などに使われるIC、メモリ、トランジスタ、ダイオードなども半導体の仲間。ほとんどがシリコンでできていますが、シリコンが石や砂に含まれているためか、半導体のことを<石(いし)>といったり、その重要性から<産業の米>と呼ばれたりします。