白川OA

白川OAではインターネット接続のお手伝いをしています。インターネットが使えるように設定したい、メールの使い方が知りたい等のご要望を承ります。
 

ホームページを作りたい、ホームページはあるが、管理が面倒という方はご相談下さい。
 

レンタルサーバについての詳しい内容は下記のボタンから。
 

・パソコンを接続できない
・インターネットが繋がらない
・印刷ができなくなった
・知らないうちに動かなくなった
・ソフトのインストールが自信無い
・ソフトの使い方が分からない
 


《英文 E-mail孝》
 
 英文レターは書き手の住所・社名を書いた「レターヘッド」付きの用紙で、冒頭には「Dear(親愛なる)」・・・と一定の形式がある。一方電子メールは「型」にこだわらない。形式張った挨拶抜きで、本題から入ればいい。「その場ですぐに返事をする」のもコツ。
遠く離れた取引先との間では特に「必ず返事が来るという安心感を与えること」が大切。すぐ決断できなくても「2週間待ってほしい」などの見通しのメールを送ると、相手をいらいらさせずに済む。
日本人の陥りやすい点として@要点が不明確 A文法、つづりが正しくない B論理的でないなどを挙げる。文章も長くなりがち。「できれば1ページ(1画面)以内に収まるように」
断りや拒否を伝える場合でも内容はポジディブ(前向き)な印象に。そこから次の商機が生まれる可能性もある。「メールの文章はThank you(ありがとう)ではじまり、Thank youで終わるのがいい。
英文、和文では年、月、日の記載順の違いに戸惑うことがある。月を数字でなくて英単語で書くと誤解が生じにくい。長さ、重さの単位も日米英で異なるので単位まで表記する。さらに「すべての大文字で書く人もいるが、欧米では怒りの表現と理解される」ので注意が必要。

依頼の表現は多く蓄えておきたい。単純に、命令形の文章に「please(お願いします)」を付けた文章を書きがちだ。しかし、pleaseを付けても命令形であることに変わりなく、強引な印象を与えかねないという。「I would be please if you・・・」(・・・してもらえますか)など柔らかな表現も駆使したい。「相手の性格を見て表現を使い分けると有効」。
複数人への送り方には「受取人一覧」が表示される「CC」というやり方と、表示されない「BCC」というやり方がある。

@ 文章全体を短く。一つ一つの文も簡潔に。
A 形式ばらず、要点を簡潔に。結論から先に。
B イエス、ノーをはっきり。
C ささいなことでも感謝の意を伝える。
D 断りの場合でも文章は「ポジティブ」な印象に。
E 返事はすぐに。結論がでていなくても途中経過を知らせる。
F 依頼文に強くなる。
G 送信前に文法、つづりを再確認。
H CC、BCCには細心の気配りを。
I 文字化けを防ぐためメールの形式は「テキスト」、文字のフォントは「センチ
   ュリー」などが無難。


【出典:日経より】

《ホームページは自分でも作れる!?》

営業支援ツール、自社PRツールとしてホームページの開設は、不可欠になっています。本格的なHP作成はコンテンツ構成をしっかり使って、何を主張するか、何を情報発信するか、そのポイントをしっかり持って挑戦すべきでしょうか。参考Webサイトを紹介します。

■主なホームページ作成ソフト
▽ホームページミックス(ジャストシステム)
 http://www.justsystem.co.jp/home/mix
○10MBのホームページ用スペース付き。機能を一部制限した体験版は15日間試用可能。

▽ホームページ・ビルダー7(日本IBM)
 http://www-6.ibm.com/jp/software/internet/hpb
○どこでも配置モードで自由なレイアウトができる。体験版は30日間試用可能。

■無料ホームページ作成サイト
▽Yahoo!ジオシティーズ
 http://www.geocities.co.jp/
○12MBのスペースを使える。質問に答えながら設定していくだけで完成。