白川OA

白川OAではインターネット接続のお手伝いをしています。インターネットが使えるように設定したい、メールの使い方が知りたい等のご要望を承ります。
 

ホームページを作りたい、ホームページはあるが、管理が面倒という方はご相談下さい。
 

レンタルサーバについての詳しい内容は下記のボタンから。
 

・パソコンを接続できない
・インターネットが繋がらない
・印刷ができなくなった
・知らないうちに動かなくなった
・ソフトのインストールが自信無い
・ソフトの使い方が分からない
 


《コンピュータウイルス》 
 コンピュータウイルスは毎日のように新種が生まれ続けているため、まだ正式な分類の
 方法が定まっていない。本来の意味ではウイルスではない『トロイの木馬』『ワーム』と
 いったものも含め、不正を行うプログラムの総称を《ウイルス》と呼んで、その特性や
 感染経路などを解説。
●コンピュータウイルス
 単体では動作せず、別のプログラムの一部を書き換えて活動する。感染ルートは、
 フロッピーやCD-ROM、あるいはワープロや表計算ソフトのファイルなど。近年多いのは
 後者のタイプで、マクロ・ウイルスと呼ばれる。ワードやエクセル等には、決まりきった作
 業を簡単に行えるよう、マクロという簡易プログラム機能がある。このウイルスはそれを
 悪用し、ファイルを開くだけで感染させてしまう。
●トロイの木馬
 トロイの木馬は、その名のとおり、一見ただのソフトを装って、裏で不正な働きをするプロ
 グラム。ネット上のフリーソフトなどに仕掛けられていることが多い。ハードディスクを消し
 てしまうといった破壊的なものから、個人情報を集める(スパイウェア)、外からのハッキ
 ングを可能にしてしまう、といったさまざまな目的のものが存在する。出所のはっきりしな
 いフリーソフトには十分注意。
●ワーム
 ワームは、強力な自己増殖機能を持ったトロイの木馬の一種で、現在の主流と呼ぶべ
 き勢力となっている。感染ルートは圧倒的に電子メール経由だ。破壊活動を行うものは
 多くないが、感染すると今度は自分がウイルスメールを大量に送る側になってしまうた
 め、連鎖的に被害が拡大してしまう。感染力を考えると、一番やっかいなウイルスともい
 える。
●デマ・ウイルス
 これは単なるイタズラメールなのだが、だまされるとパソコンが起動しなくなるなど悪質
 なものもあるため、注意が必要。新種のウイルスに注意しろという文面で始まり、
 「***.***というファイルはウイルスだから、すぐに削除しろ」と警告してくる。だが、それ
 は元々存在する重要なファイルの場合が多く、下手に削除するとパソコンに不具合が
 発生してしまう。
 デマと気づかないまま、親切心から友人知人に広めてしまう人も多く、単なるイタズラ以
 上に悪質だといえる。
<対策は!!!>
 ☆シマンテック・セキュリティチェック
 ☆ウイルスバスターOn-Line Scan

《パソコン加齢度?》

ただでさえ変化の速いパソコン業界で、7年の月日はふた昔といってもいいほど、隔世の
感があります。最も大きな変化はインターネットの一般化。95年度当時は、パソコン通信
がまだ一般的でした。いまの入門者には「パソコン通信?何それ?」かもしれません。
OSはようやくWindows95がデビューしたころ、まだMS-DOSを使っているユーザーも多く
いました。その後、Windowsは98→98Second Edition→Me→XPと、実に5世代の進化
を経たことになります。
CPUの主流も、Pentium以前のi486でした。ソフトメーカーもユーザーも、限られたマシン
の性能の中で、いかに高度な処理をできるかに知恵を絞っていました。今のようにメモリを
数百MBも積むなんて、まさに夢の話でした。その夢は叶ったはずなのに、いまも同じ悩み
を抱えているのは、この世界の不思議のひとつです。
インテルCPUの仕様である拡張メモリ規格を紹介しましょう。
「まず基本的な話をしてMS-DOSを使う場合には、メモリは640Kバイトのメインメモリ
(コンベンショナルメモリ)と、640KB以上の拡張メモリとに分かれます。この拡張メモリの
利用規格が、EMSやXMSです。」640Kバイトです。640Mバイトじゃありません。
「コンベンショナルメモリ」懐かしいと思える人は、すでにパソコン旧世代として認定されま
す。EMSやXMSについても説明できますか?
でも今の人がこんな知識を理解している必要はまったくありません。パソコンの世界では
立ち止まっていることは命取りです。
【出典:電脳通信】