白川OA

白川OAではインターネット接続のお手伝いをしています。インターネットが使えるように設定したい、メールの使い方が知りたい等のご要望を承ります。
 

ホームページを作りたい、ホームページはあるが、管理が面倒という方はご相談下さい。
 

レンタルサーバについての詳しい内容は下記のボタンから。
 

・パソコンを接続できない
・インターネットが繋がらない
・印刷ができなくなった
・知らないうちに動かなくなった
・ソフトのインストールが自信無い
・ソフトの使い方が分からない
 


e-メールの満点活用(2)

◆件名はひと目でわかるように!
 毎日届くe-メールの中には、必要のないダイレクトメールも混ざっています。それらのメールと重要なメールを見分けるには、「件名」がポイントになります。
「件名」と言うくらいですから、内容がひと目で分かるようなタイトルをつけること。見積書についてのメールにも関わらず、「いつもお世話になっております」などというタイトルでは、後回しにされかねません。「○○についての見積書の件」と明瞭なタイトルにし、急ぎの場合は【重要】【緊急】などとつけておくと目立ちます。また、1つの案件に1つのメールが鉄則。「見積りの件」「新商品発表会の件」「納期延滞の件」など一度にたくさんの内容を盛り込むと、連絡に洩れが生じることになりかねません。
◆文書は箇条書きで簡潔に!
 件名だけでなく、本文も簡潔明瞭にまとめること。ダラダラと長く要領を得ない文章では、読むのがおっくうになるばかりでなく、長文の中に重要な情報が埋もれて伝達に洩れが生じることになりかねません。 日時や場所、費用など特に注目してもらいたい情報は、本文に盛り込まず箇条書きにするように。
 また、手紙では必要な時候の挨拶や前置きも、e-メールでは不要。「拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます」などと書き出すと、言いたいこと
が何か分からなくなってしまいます。
 メールは、「宛先」「本文」「以上」「署名」の構成が基本です。
◆返信メールは必要箇所だけ残して引用する!
 e-メールを返信する時、返信したいe-メールを選択した状態で「返信」ボタンをクリックし、e-メールを作成するケースが多いでしょう。この時、受信したメールの内容を残したまま返信する場合と、全てクリアにして返信する場合があります。
 前者の場合、前のe-メールの流れを汲み取って文章のやり取りができますが、その一方でe-メールの分量が多くなるというデメリットがあります。
 そこで、引用する文章は1〜2行程度にしてあとは消すこと。前回の内容を思い出しつつ、簡潔に回答文書を作成することができます。その際、文章の間は1行ずつ空け、更に「→」を入れると分かり易いでしょう。 

[出典:仕事とパソコン]
周辺機器でパソコンをパワーアップ!

 スキャナとは、写真などをパソコンにデジタルデータとして読み込む機械です。
色々な種類があるのですが、一般的なフラットベッドスキャナはコピー機に似ています。
機能もコピー機に似ていて、コピー機は紙にコピーするのですが、スキャナはデータとしてパソコンに取り込みます。そうして取り込んだ画像をそのままプリンタで出力するとコピーと同じことが行えますし、色を変えたり、切り抜いたりして利用することもできます。
◆スキャナの選び方
 最も一般的なのはフラットベッドスキャナです。これ以外にも、ネガやポジなどを高画質で取り込むフィルムスキャナや、持ち運びの便利なモバイルスキャナがあります。用途によって使い分けるものですが、家庭用として使うのであれば、幅広い用途に利用でき、性能と価格のバランスが優れているフラットベッドスキャナが無難だと思います。スキャナを購入する際の基準は、自分がどのようにスキャナを利用したいかによります。スキャナの性能を表すものに解像度がありますが、解像度が高ければ高いほどきれいに取り込むことができます。HPに利用するのと、きれいな年賀状を作るのでは、必要となる解像度が異なりますので、自分の目的をはっきりさせスキャナを購入するのがいいでしょう。ちなみに解像度と価格はだいたい比例しています。
◆スキャナの活用
 お気に入りの写真や絵などを取り込み、それに文字などをのせ年賀状を作ることができます。
 また、OCRという文字をスキャンし、それをデジタル化するソフトを利用すれば、名刺などから、名前、住所などを読み取ることができ、それを年賀状の宛先に利用することもできます。
 また最近のプリンタは、CD-R印刷やアイロンプリントなどができるものも増えていますので、自分だけのオリジナルCDやTシャツが作れます。あなたのアイデア次第で色々活用できます。ぜひスキャナの世界に飛び込んで下さい。

[出典:電脳通信]