白川OA

白川OAではインターネット接続のお手伝いをしています。インターネットが使えるように設定したい、メールの使い方が知りたい等のご要望を承ります。
 

ホームページを作りたい、ホームページはあるが、管理が面倒という方はご相談下さい。
 

レンタルサーバについての詳しい内容は下記のボタンから。
 

・パソコンを接続できない
・インターネットが繋がらない
・印刷ができなくなった
・知らないうちに動かなくなった
・ソフトのインストールが自信無い
・ソフトの使い方が分からない
 


パソコンで考える


初心者には新品を

 車を最初に買う時、事故を起こしたり、操作ミスで壊すことがあったらどうしよう、と初心者独特の計算で、中古車や性能の小さな車(軽自動車)を買う人がいる。こういう人は、大抵、自動車の持つ快適さに気がつかず、自動車嫌いのまま、長いときを過ごす結果になる。もちろん、技術の腕も上がらない。車を乱暴に扱う。
 パソコンでも同じことがある。パソコンはどんどん高性能になっていく。最新最高機能機種を買ったのに、一年後には生産中止、或いは、最低能機種になることはざらである。ならば、最新最高機能機種を買うなんぞは、無駄でもったいないと計算し、中古品や売れ残りの激安品で済まそうと考える人が多い。
 しかし、車の場合と同じように、これではいつまでもパソコンの腕が上達しないだけでなく、パソコンが好きになれない。自分のものにならない。

パソコン主治医をもつ
 自動車の機能や構造を熟知していたら、運転に便利である。故障した時、自分である程度直すことができたら素敵だ。しかし、それら全部ができなくても、自動車は誰にでも運転できるし、少しも問題は出ない。
 パソコンも同じように考えたい。自分で組み立てたり、インストールしたりする労を省いても構わない。注文通りのものをセットしてくれる「パソコンの先生」(主治医)をもてばいい。
周囲にパソコンならお任せ、という人は必ずいる。特に若い人はいい。その人に頼む。もちろん「タダ」ではいけない。「主治医」だから、トラブルが起こるたびに世話になる。その都度「治療費」が必要だ。

パソコン・オタクになるな
 パソコンも人間の頭脳もどんなに素晴らしいものでも過信したらバツである。
 パソコンは、居ながらにして、世界と交信することを可能にしたが、パソコンの世界がどんなに目覚しくて進化が無限でも、人間は観念によってのみ生きることができないように、パソコンが作り出す世界とは別な、ざらざらした世界が厳然として存在する。この生々しい、息の詰まりそうな世界、家族や組織の人間関係、民族や国家の力関係を避けて通ることはできない。
 そして、パソコンは快適機械だから、そこにだけ集中していると、現実に動いている世界の生の声が聞こえなくなる。悲鳴やうめき声が耳から遠ざかる。だから、人間はパソコンを通して獲得できる世界と「現実」世界とを常に「交通」関係におく必要があるのだ。パソコンによって獲得する世界の拡大が、同時に、「現実」世界の新しい発見を促す原動力になる。
                               [出典:鷲田小彌太]

これがチルダなのです   
ホームページのアドレスによく使われている「~」という記号。
その形状から「この"にょろにょろ"した記号」という人をみかけます。この記号の出し方が分からないばかりにお目当てのホームページにたどりつけなかったという経験もあるのでは?
正確な呼び名は「チルダ」と言い、キーボード上では「へ」のキー(写真@)を[Shift]キーと一緒に押すと、入力されます(※英数字半角モード)。
「わ」のキー(写真A)に似た記号が表示されているので、間違えないようにしましょう。
【仕事とパソコン10月号を参考にさせて頂きました。】