白川OA

白川OAではインターネット接続のお手伝いをしています。インターネットが使えるように設定したい、メールの使い方が知りたい等のご要望を承ります。
 

ホームページを作りたい、ホームページはあるが、管理が面倒という方はご相談下さい。
 

レンタルサーバについての詳しい内容は下記のボタンから。
 

・パソコンを接続できない
・インターネットが繋がらない
・印刷ができなくなった
・知らないうちに動かなくなった
・ソフトのインストールが自信無い
・ソフトの使い方が分からない
 


デジカメ入門 メリットとデメリット
デジカメって使える?》  
  従来のフィルムにが画像を記録する銀塩カメラに対し、デジタルデータで
  画像を記録するカメラをデジタルカメラ(以下デジカメ)と呼んでいます。
  一般的に銀塩カメラより手軽に簡単に使えるというイメージですが、両者
  とも内部の仕組みに大きな違いはありません。デジカメもコンパクトタイプ
  から、銀塩カメラに負けない画質を志向する高級機など、用途に合わせた
  様々な製品がラインアップされており、手軽や簡単といった見方では、銀塩
  カメラと差別化することはできません。しかし、銀塩カメラにもデジカメにも
  それぞれメリットとデメリットがあります。
  
《デジカメのここが○(マル)》
  デジカメのもっとも大きい特徴はフィルムが不要ということ。フィルムの代わり
  になるのが記録メディアです。記録メディアは、データの消去と記録が可能な
  ため、何度でも使うことができます。もう1つ、撮った写真を現像せずにその場
  で見られます。液晶モニターを備えており、撮影時のファインダーとして利用で
  きる他、撮影した写真を確認することができます。デジカメは記録メディアを使
  ってますから、撮影した写真を確認して失敗したら、その場で消して新たに撮
  影し直すということもできます。
  最近のデジカメでは動画を撮影できる製品もあり、その動画も撮ってすぐに確
  認することができます。撮影中だけでなく、撮った写真の整理が楽なのもデジ
  カメのメリットです。専用のアルバム編集ソフトなども発売されているので、分
  類や一覧表示などが簡単に行えます。撮影したデータをフォトレタッチソフトな
  どで読み込んで、修正が簡単にできるのもデジタルデータだからです。

《デジカメのここが×(バツ)》
  使ってみてすぐ気がつくのは、電池がすぐなくなるということ。デジカメは一時
  間程度で電池切れになってしまうものもあります。予備のバッテリーを持ち歩
  くか、ACアダプターを利用しましょう。
  コストからすると、デジカメ本体が高価であることもデメリットの1つ。安いもの
  もありますが、デジカメがかなり普及した現在でも売れ筋商品は5万円以上。
  時に一眼レフタイプのデジカメは高価です。また、実際に使用したときに気に
  なるのは、反応速度の遅さです。これは撮影データを電気的に記録している
  ため、撮影から記録までのデータ書込みの時間がかかるゆえの宿命です。
  最近の機種では本体にバッファ用のメモリーを持ち、空き時間に書込みを行
  うことで、このタイムラグを意識しないで使えるのもあります。
                                     【出典:電脳通信】


《失敗が多いほど成功の率は高まる》

   アメリカでは今、ベンチャー企業が無数に作られ、コンピュータ界でもそうし
  た新興企業が活力の源となっています。一方、日本はといえば、アメリカほど
  ベンチャーは盛んではありません。そのような日米格差が生まれている最大
  の理由は、成功や失敗に対する考え方の違いにあります。
  アメリカの有名なベンチャー投資家が、投資基準として第一に考えているの
  は「その人が何回失敗したか」ということなのだそうです。つまり、過去に失敗
  した回数が多いほど、その人は有望だというのです。このような発想は、日本
  人からすればちょっと想像もつきません。
  なぜアメリカの投資家は失敗を重視するのか、その理由をアメリカ人投資家
  に尋ねたら彼はこう聞きました。「ルーレットで5回続けて黒が出たら、君なら
  どうする?」「次は赤だろうね」「そうだろう。失敗回数が多くても、それにめげ
  ずにチャレンジするのであれば、次に成功する確率はグッと高くなる。そう考
  えて、投資家は金を出すんだ。」日本では1回でも事業に失敗した人は、世間
  から「負け犬」呼ばわりをされ、次のチャンスを与えられません。しかし、アメリ
  カ人は、失敗は成功への教訓だと考えるわけです。このような前向きの発想
  があるからこそ、アメリカではベンチャー企業がたくさん作られ、経済の原動力
  になっているのでしょう。
  新しいことにチャレンジする人を応援する雰囲気が、日本の中にあまりありま
  せん。テクノロジーでは世界有数でも、コンピュータ界のリーダーシップを取る
  人が日本から現れないのは、こうしたことが大きく影響しているのではないか
  と心配です。