地震に自信を/Earthquake Emergency Procedures
<Japanese/English>
あなたを守る次の行動
1.まず落ち着いて身の安全を
 1)机やテーブルに身をかくす
  ・揺れを感じたら、丈夫な机やテーブルなどの下に身をかくしましょう。
  ・座布団などが身近にあれば、頭部を保護しましょう。
 2)非常脱出口の確保
  ・揺れを感じたら、玄関などの扉を開けて非常脱出口を確保しましょう。
 3)慌てて外へ飛び出すな
  ・大揺れは1分程度でおさまるので周囲の状況をよく確かめ、慌てて外へ飛び出す
   ことなく落ち着いて行動しましょう。
2.あわてず冷静に火災を防ぐ
 1)地震!すばやく火の始末を
  ・使用中のガス器具、ストーブなどは、素早く火を消しましょう。
  ・ガス器具は元栓を締め、電気器具は電源プラグを抜きましょう。
  ・地震後に避難する場合は、ブレーカーを切ってから非難しましょう。
  (地震により電気機器が転倒したりして、燃えやすい散乱物などに接触し出火するこ
   とがあります。)
 2)火が出たらまず消火を
  ・万一出火したら、まず消火器や三角バケツなどの消火道具でボヤのうちに消し止
   めましょう。
  ・大声で隣近所に声をかけ皆で協力しあって初期消火に努めましょう。
3.狭い路地、塀ぎわ、崖や川べりに近寄らない
  ・狭い路地や塀ぎわは、瓦などが落ちてきたり、ブロック塀やコンクリート塀が倒れ
   てきたりするので遠ざかりましょう。
  ・崖や川べりは地盤のゆるみでくずれやすくなっている場合があるので、これらの場
   所から遠ざかりましょう。
4.避難のテクニック
 1)避難は徒歩で持ち物は最小限に
  ・避難する時は、必ず徒歩で非難しましょう。
  ・服装は、活動しやすいものにしましょう。
  ・携帯品は、必要品のみにして背負うようにしましょう。
 2)津波に注意
  ・強い地震(震度4程度以上)を感じたとき、又は弱い地震であっても長い時間ゆっく
   りとした揺れを感じたときは、直ちに海浜から離れ、急いで高台などの安全な場所
   へ避難しましょう。
  ・ラジオなどで津波情報をよく聞きましょう。
 3)山崩れ、がけ崩れに注意
  ・山ぎわや急傾斜地域では、山崩れ、がけ崩れが起こりやすいので、自分で素早く
   決断し、直ちに避難しましょう。
5.正しい情報の入手を
  ・テレビ、ラジオの報道に注意してデマにまどわされないようにしましょう。
  ・市町村役場、消防署、警察署などからの情報には、たえず注意しましょう。
  ・不要、不急な電話は、かけないようにしましょう。特に消防署等に対する災害状況
   の問い合わせ等は消防活動等に支障をきたすのでやめましょう。
6.協力しあって応急救護を
  ・軽いケガなどの処置は、みんながお互いに協力し合って応急救護をしましょう。
7.協力し合って救出活動を
  ・建物の倒壊や落下物などの下敷きになった人がいたら、地域のみんなが協力しあ
   って救出活動を行いましょう。
8.自動車の運転中では
  ・道路の左側か空き地に停車し、エンジンを止めましょう。
  ・カーラジオで災害情報を聞きましょう。
  ・警察官が交通規制を行っているときは、その指示に従いましょう。
  ・避難するときは、キーをつけたままにして、徒歩で避難しましょう。
ナマズ博士の地震豆知識
・大地震が起こると家具が倒れてきたり、電灯、棚やタンス
 の上の物が落下してくる危険がある。
・マンションなどでは地震で扉がゆがみ開かなくなることが
 ある。慌てて戸外に飛び出すと、窓ガラスなどの落下物
 でケガをすることがある。
・1993年釧路沖地震では、発生した火災の大半が使用中
 のストーブによるものだった。
・「火を消せ」と叫ぶと自分自身を冷静にするきっかけとな
 る。
・近くに丈夫なビルや広場があるときは、一時そこに避難し
 て様子を見るとよい。
・自動車による避難は交通混乱のもと。
・津波は津波警報よりも先に来ることがある。
・過去に山崩れ、がけ崩れがあったところは特に注意!
・相当の被害が出て混乱している時は、往々にして誤った
 情報が流れやすくなる。
・災害が大きくなると負傷者も多くなり、消防署などによる
 救急活動が間に合わないこともある。
・消防署などで実施される応急救護普及講習会に参加して
 応急救護の技術を身につけよう。
・個人・近隣レベルでの救出活動は人命救助に重要な役割
 を果たす。日頃から・家庭・近隣では懐中電灯、毛布、ス
 コップなどの資機材を用意し、また、地域レベルでは救出
 救護資機材の保管場所を確認しておくことが大切。
・走行中に大地震が起こると、パンクしたような状態になり
 ハンドルをとられる。
・9月1日は防災の日、8月30日〜9月5日は防災週間。
・普段から話し合っておくことが大切。
・避難場所、避難路は市町村ごとに指定されている。
・1978年宮城県沖地震では、死者28人中18人の方がブロ
 ック塀、石塀の倒壊により亡くなった。
・1993年釧路沖地震では、倒れた家具、割れたガラスの破
 片や落下物などにより負傷した者が多く発生した。
・消火用具は使いやすいところに置こう。
・非常持出袋は、目安として男性で15kg以下、女性で10kg
 以下にまとめる。
・阪神・淡路大震災では、全火災の約3割が電気に起因す
 るものでした。
・米国ロサンゼルス地域で発生したノースリッジ地震では、
 漏れたガスによって火災が発生しました。
・阪神・淡路大震災では、被災地に安否照会の電話が集中
 したため、被災地への電話は話し中でなかなか通じなか
 った。
普段の対策
1.防災訓練
  ・防災訓練にさそいあって積極的に参加し、防災行動力を身に付けましょう。
2.家庭の防災会議
  ・大地震のとき、家族があわてずに行動できるように、普段から次のようなことを話し
   合い、それぞれの分担を決めておきましょう。
  ◇家の中でどこが一番安全か
  ◇救急医薬品や火気などの点検
  ◇幼児や老人の避難はだれが責任をもつか
  ◇避難場所、避難路はどこにあるか
  ◇避難する時、誰が何を持ち出すか、非常持ち出し袋はどこに置くか
  ◇昼の場合、夜の場合の家族の分担をはっきり決めておく
  ・避難カードを作成し、各自携帯しましょう。
3.家の補強
  ・柱、土台や屋根瓦などを点検し、老朽化しているものは、補強しておきましょう。
4.ブロック塀、石塀の補強
  ・これらの被害は、基準どおりの鉄筋が入っていないとか、転倒防止の控壁を設け
   ていないなど、施工上の欠陥によるものが多いので、もう一度、わが家の塀を点検
   しましょう。
5.家具の転倒、落下防止
  ・家具等はトメ金などで固定しておきましょう。
6.消火器などの備え
  ・いざという時のために消火器や消火用水のほか、消火に役立つものを普段から用
   意し、備えておきましょう。
7.非常持出品の準備
  ・避難場所での生活に最低限必要な準備をし、また負傷したときに応急手当ができ
   るように準備をしておきましょう。
  ・非常持出袋などは、いつでも持ち出せる場所に備えておきましょう。
8.火災を防ぐ
 1)電気火災を防ぐには
  ・地震を感知して自動的に電源を切る感震ブレーカーを設置する場合には、避難上
   重要な照明器具などの電源が確保されるかどうかを確認しましょう。
   (どのような時にどの電源が遮断されるのか把握しておく必要があります。)
  ・電気機器は、どのような安全装置が付いているか確認してから購入しましょう。
 2)ガス機器や石油機器を安全に使いましょう。
  ・ガスマイコンメータの特性や使い方を理解しておきましょう。
  ・石油ストーブは「対震自動消火装置付」のもの、ガスストーブは「転倒時ガス遮断
   装置付」のものを使用しましょう。
  ・ガスコンロ周辺の棚などに載せてある物が落ちてこないようにしましょう。
9.家族の安否の確認方法
  ・地震時に落ち合う場所をあらかじめ定めておきましょう。
  ・地震時に安否情報の取次ぎをしてもらえる親戚、知人など(遠方に住んでいる人で
   あることが必要)を決めておきましょう。
  ・NTT「災害用伝言ダイヤル171」の活用を家族で決めておきましょう。
5.家具の転倒、落下防止(図1)




6.消火器などの備え(図2)




7.非常持出品の準備(図3)

How to protect yourself
1.Stay calm and seek safety.
 1)Get under the nearest desk or table.
  ・Try to get under a sturdy desk or table.
  ・Cover your head with a cushion or pillow.
 2)Secure an exit.
  ・When you feel an earthquake, open a door right away. 
   This ensures an escape route after the earthquake is over.
 3)Do not rush outside.
  ・Usually a strong earthquake will end within a minuter or so.
   Seek shelter in the room you're in and stay there until it's over.
2.Prevention of fires.
 1)Extinguish any open flames the moment you feel an earthquake.
  ・Be quick to turn off any heat sources in use such as gas burners and heating
   stoves.
  ・Turn off the stopcock of gas appliances and unplug electrical appliances.
  ・When evacuating after an earthquake is over, make sure to switch off the
   circuit breaker.
  (Electrical appliances that have fallen down due to an earthquake might possibly
   contact inflammable articles scattered around there and cause a fire.)
 2)Put out any fires that many have started.
  ・Use water or a fire axtinguisher to put them out.
  ・Shout "KAJI"(fire) to notify your neighbors and get their assistance.
3.Stay away from narrow streets, walled streets, cliffs and river banks.
  ・Don't stand under the eaves of homes or buildings because roofing tiles, bricks,
   glass, or concerete may fall on you.
  ・Stay away from cliffs and river banks because the ground there may have
   loosened, making a landslide possible.
4.Evacuation procedure.
 1)Evacuate on foot with a minimal amount of personal belongings.
  ・Evacuate on foot.
  ・Wear comfortable, loose clothing.
  ・Carry only necessary personal belongings on your back.
 2)”Tsunami”(Tidal waves caused by earthquakes).
  ・If you live near a beach, evacuate to higher ground quickly when you feel either
   a strong earthquake (Degree 4 or higher on the seismic scale) or a weak but
   lasting tremor.
  ・Listen to the radio for news concerning "Tsunami"
 3)Get away from the bottoms of mountains and cliffs.
  ・Landslides usually occur shortly after an earthquake. Evacuate from a
   dangerous area as soon as possible.
5.Be sure that the information you receive is correct.
  ・Don't listen to rumors. Follow the news on T.V. or radio.
  ・Follow the instructions given by the municipal office, fire department and police
   department.
  ・Don't use a tlephone unnecessarily. Calling the fire department, etc. to seek
   news on disaster status can affect their activities.
6.Join forces for first aid.
  ・Provide first aid for slightly injured people in cooperation with others.
7.Join forces for rescue.
  ・If you find a person pinned under a collapsed structure or a fallenobject, join
   forces with other community members for rescue activities.
8.What to do when driving a car.
  ・Immediately pull over to the side of the road or into a vacant lot and turn off
   your engine.
  ・Listen for news on the radio.
  ・Follow the instructions of the police.
  ・Evacuate on foot, leaving the key in the car.
Dr.catfish earthquake of knowledge
・During a strong earthquake, furniture, etc.may fall down,
 so it is important to protect your head.
・An earthquake may warp doors, making it impossible to
 open them. Falling debris such as glass and overhead
 signs are a major risk faced when rushing outdoors in
 a panic during an earthquake.
・Stoves were the major culprit in fires that occurred in
 the 1993 earthquake offshore at Kushiro.
・Stay calm and remember: "Put out fires."
・Temporarily evacuate to a sturdy building or public
 square if possible.
・Don't evacuate by car. Cars will cause a traffic problem
 that may contribute to the delay of emergency
 vehicles.
・Tunami may strike the shore before the authorities
 have time to issue a warning. Therefore, evacuate
 quickly.
・Stay away from areas where landslides have occurred.
・Rumors will sporead rapidly after a major earthquake.
 Don't listen to them.
・If there are many injuries, emergency services may not
 be able to handle all of the cases.
・In order to acquire first aid skills, plase take part in
 first aid lecture meetings held by fire stations and
 other competent organizations.
・Rescue activities at both individual and community
 levels can play a vital role in saving lives.
 It is advised that your home and neighborhood be
 equipped with materials such as flashlights, blankets
 and shovels to prepare for disasters. At a where rescue
 equipment and first aid supplies are stored.
・During an earthquake it is difficult to control your car. It
 is similar to driving with a flat tire.
・Anti-disaster Day is September 1, and anti-disaster
 week is from August 30 to September 5.
・Daily preparation and talks among family members are
 essential. The place and routes to evacuate to are
 specified by the local authorities.
・18 out of 28 deaths in the 1978 earthquake offshore at
 Miyagi Prefecture were caused by stones and bricks
 falling from walls and gateways.
・In the 1993 earthquake offshore at Kushiro many people
 were injured by falling furniture and household articles
 as well as glass fragments.
・Extinguishers should be put in easy-to-use places
 where they can easily be reached.
・The weight of men's earthquake kits should not be more
 than 15kg, and women's not more than 10kg.
・In the 1995 Hanshin-Awaji Earthqueake, approximately
 30 percent of fires that broke out were electrically
 induced.
・In the North Ridge Earthquake that occurred in the Los
 Angeles region, fires broke out due to gas leakage.
Daily preparation
1.Anti-disastet training.
  ・Actively participate in anti-disaster training courses and evacuation classes.
2.Discuss, as a family, what to do during an earthquake.
  ・Family members should talk about the following points and their responsibilities
   during an earthquake:
  ◇Where is the safest place at home.
  ◇Check the first aid kit and look around for fire hazards.
  ◇Who will be responsible for evacuating babies and the elderly.
  ◇Places and routes to evacuate.
  ◇Who takes what during an evacuation and who knows the location of the
    earthquake kit.
  ◇Decide the responsibilities of family members for both day and night
    earthquakes.
  ・Prepare evacuation cards and emergency belongings for each family member.
3.Reinforcing your house.
  ・Check and reinforce the foundation and main structural supports of your house
   as well as the roof tiles.
4.Reinforcing brick and stone walls.
  ・Many casualties occur from faling bricks and stones. This is because the walls
   are poorly constructed. Check your walls to ensure that they are amply
   reinforced.
5.Preventing furniture and elevated furnishings from tipping over or falling down.
  ・Secure furniture with brackets. See the illustration “図1”.
6.Preparing extinguishers.
  ・Prepare extinguishers, water for extinguishing fires, and related equipment to
   counter unexpected earthquakes and fires. As in the illustrations right “図2”,
   for example…
  ◇Flashlight and extinguisher
  ◇Triangular bucket containing water
  ◇Filling bathtub with water
  ◇Slippers and sneakers with thick soles to prevent injuries due to broken glass
    on the floor  
7.Preparing personal effects and a first aid kit for emergencies.
  ・Prepare minimum personal effects and a first aid kit so that you can use them
   when you evacuate for emergency reasons.
  ・Put earthquake kits where you can easily reach them.
8.Preventing fires.
 1)To prevent electrically induced fires.
  ・When instaling a quake-sensing type circuit breaker designed to sense an
   earthquake and automatically shut off the power, make sure that power sources
   are secured for emergency lighting fixtures that are vital for smooth
   evacuation.
   (You need to know which power source is shut off on what occasion)
  ・When buying a new electrical appliance, make sure to check what kind of safety
   device it is equipped with.
 2)Use gas and oil appliances safely.
  ・Understand the characteristics and proper use of gas appliances equipped with
   a meter having a microcomputer-based safety device.
  ・The recommended type of oilstove is one with quake-sensing and
   self-extinguishing capabilities; and for gas stoves, the recommended type is
   one featuring a device designed to shut off the gas if it is tipped over.
  ・Take care so that objects put on shelves around a gas stove won't fall down
   during an earthquake.
9.How to confirm family members' safety.
  ・Predetermine a place for the family to reunite when an earthquake has occurred.
  ・Choose one of your relatives or friends (preferably one living in a remote place)
   as a central contact point for family safety information during an earthquake.
  ・Discuss among family members how to effectively use the NTT "Disaster
   Message Exchange Dial 171".
“図1”




“図2”




“図3”
【監修:総務省消防庁震災対策室 制作:財団法人消防科学総合センター 出典:地震に自信を より】
Since : 2002.3.1 Copyright 2000-2004 地域ホームページ製作実行委員会 All Rights Reserved.