クーリング・オフ制度とは?

クーリング・オフの意味
 クーリング・オフとは、訪問販売など特定の取引について、いったん契約した場合でも、契約書面を受け取った日から一定期間は消費者に考え直す機会を与え、理由なしで契約を解除することを認める制度です。
クーリング・オフ制度を設けた理由
 訪問販売は、販売員から不意打ち的に強く勧誘されるため、十分な情報や冷静に考える余裕もないまま、つい契約してしまいがちです。しかも、詐欺や錯誤などの不当な勧誘方法を消費者側で明らかにすることは容易でないため、なかなか救済されません。
そこで、訪問販売による契約は、契約内容を記載した書面を受け取った日から8日間は、頭を冷やして(Cooling)、契約から離れる(Off)機会を与えたのです。その反映として事業者は、十分な説明をして消費者が納得のうえで契約できるような勧誘方法が求められます。
クーリング・オフができる契約
 現在では、店舗外で積極的に勧誘する契約(訪問販売・電話勧誘販売・宅地建物取引・クレジット契約・海外先物取引)だけでなく、消費者が店舗に出かけて契約した場合でも、高い利益が得られるかのような誘惑的な取引類型や高額で複雑な契約類型にも、クーリング・オフが認められています。
クーリング・オフの行使と効果
 クーリング・オフは、解約の通知書を送ることで理由を説明することなく一方的に解除できます。解約できる期間は契約類型によって異なります。
クーリング・オフをすると一切の負担をすることなく、無条件で解約できます。手元にある商品は返品し、代金は全額返金を請求できます。
広報ふそう12月号より
Since : 2002.3.1 Copyright 2000-2001 地域ホームページ製作実行委員会 All Rights Reserved.